心が惹かれるスピーチのやり方

<タイトルをクリックしたら記事を読めます>

今回は心が惹かれるスピーチということで、社会人なのでスピーチをする場面が多々あると思いますそんな時に失敗たくありませんよね、この記事を読んでマスターしてください。

それではいきましょう

#1自分が言いたいことを決める

どういうことかというと、自分が、結局何が言いたいかを明確にすることが大事、じゃないとこの人結局何が言いたいの?となっちゃうからです。

次✌️

#2原稿に書く

これは準備をするということです。一発本番なんてできるわけありません。失敗しないためにも大事なことです。

次( ^∀^)

#3練習をする

練習すれば慣れてきて、どんどん深みとか出てきて、心にくるともいます。そして恥ずかしさなどが抜けてきて、失敗しずらくなります。

あの、リンカーンさんは木に向かってスピーチをしていたそうですつまり練習してたということです。

#4例え話を入れる

例えばのしを入れる理由は、感情移入しやすくなります、その例え話を軸に話を広げていくというのがわかりやすくていいですね。

次( ´Д`)y━・~~

#5専門用語は避ける

これは、簡単な話でシンプルにスピーチの中に専門用語が入っていると飽きてしまうからです

以上で惹かれるスピーチのやり方でした

今日の名言

恥ずかしがるのが一番恥ずかしい

ご視聴ありがとうございました次回もまたみにきてください。

拡散よろです

ツイッター始めました

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。