本の内容を記憶しつつ早く読む方法

今回は私も活用している本の内容を記憶しつつ、早く読む方法を伝授したいと思います。

これは、ブックオフのCMのおじさんと違って目を早く動かしてやる速読ではないので非常に楽です。

この速読方法は、アウトプットもしっかりでき、あなたの人生においてちょっと得すると思います。(タイトル便乗)

早速本題に入りたいと思いまーーす

手段1  本の大事なところだけをつまみ食いする

この手段がこの速読のキモになってくるとこです。

本の大文字で書いてあるところであったり。赤い字で書いてあるところであったり、まとめなどを読み、内容を理解するというところが大事なのです。

これだけで本当に内容がわかるの?と思った方。。。。これちゃんとわかります

なぜかというと、人間の脳には文章を修復する力があるので流れ読みでもわかっちゃうんです。

次の手段行きましょー

手段2   流れ読み

そのなのとうり、パーーと風景を見るような感じで読むと、その時は内容がわからないかもしれませんが、実は脳は記憶してるのです(時間が経つと忘れてしまう)そこで次の手段はアウトプットするために重要な手段です。

次の手段行きましょー

手段3     メモを取る

この手段は記憶を定着するためのアウトプット要素です。

そこですぐできる手段として、メモを取る、です。

メモのメリットは、書いた字が画像として記憶に残ることや、いつでも見返すことができることです。

そこでメモの上で大事なのが、自分の言葉で書くことです。なぜかというと、文章力がつくからです。

以上で本を早く読むコツ紹介でした

今日の名言

東方の音楽っていいね

ご視聴ありがとうございました、次回もまた見に来てください。

拡散お願いしますバイバイ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。